ニキビ

ニキビを改善するには正しい洗顔から

ニキビを改善するには正しい洗顔から

(公開: 2015年6月25日 (木)

ニキビができる原因は、過剰な皮脂分泌や肌の乾燥、さらに、生活習慣まで、さまざまなことが挙げられますが、ニキビを予防するには、肌を清潔に保つ毎日の洗顔と保湿するスキンケアが基本となります。

しかし、ニキビに良いと思って毎日行っているスキンケアが正しいとは限りません。

特に、洗顔は意外と正しく行っていない人もいます。

例えば、清潔に保つことが大切とばかりに、1日に何回も洗顔してしまう方がいらっしゃいます。

洗い過ぎは、逆に乾燥を招き、ニキビ発生の原因をつくることになってしまいます。

ニキビを改善するには正しい洗顔からと言いますから、まずは、きちんと正しい方法で洗うように心がけましょう。

洗顔は泡で洗うとよく言いますが、ゴシゴシと肌を擦りつけて洗う必要はないです。

よく泡だてて泡を肌の上でコロコロと転がすイメージで洗うだけで、毛穴の汚れは基本的に落ちるのです。

そしてよく洗い流すことがポイントです。

多くの人がすすぎ残しが原因でニキビをできやすくしたり、悪化させたりしています。

洗顔は毎日行うことですし、スキンケアの基本となるものですから正しく行いましょう。乾燥肌・敏感肌・ニキビ・シワなどのスキンケアを考える!

お湯は冷たくても熱すぎても肌に負担がかかってしまい、また、肌に合う洗顔料を選ばないと、肌を乾燥させたりしますので考えて選びましょう。

洗顔後はすぐに保湿をしないと水分が蒸発してしまいます。

化粧水はすぐにつけるようにしましょう。

ニキビ肌で悩んでいる人も毎日正しい洗顔をすると早ければ数週間で肌の状態も改善してくると言われています。

毛穴の汚れをしっかり落として、保湿をするだけで肌のキメも整ってきます。